2017年09月13日

可もなく不可もない37歳看護師

ランチ会で出会った家が同じ市内の女性と先週会った。

会うまでのやとりで駅は3つ隣だとわかった。

食事に誘うとすぐにOKしてくれた。食べたいものや店を聞いてみても、特にこだわりはなく

何でもいいとのこと。いつも友達について行くのが好きとのこと。


で俺が前から気になってたこっちの駅前のお好み焼き屋を提案してみた。

すると「いいですね!お好み焼き」とすぐにOK


当日夜、駅で待ち合わせして行った。ランチ会の時は座っていたのでわからなかったけど

会ってみると小柄で華奢(きゃしゃ)だった。身長は154センチとのこと。


食べながらお互いの仕事の履歴や家族のことなどを話した。そこで初めてお互いの年齢を

確認した。37歳。もう少し若いのかなと思っていた。向こうも俺のことを思ってたより年上

だったとのこと。


1時間半ほどで店を出た。向こうは財布を開けていたけど、制して俺が払った。

20時半前。まだ時間も早かったし、もう少し話してもいいかなと思ってお茶でもどうですか?

と提案してみると行きましょうとのこと。


カフェでコーヒー代は今度は私が出しますと払ってくれた。好感。

そこから俺から敬語やめましょうかと言ってお互いタメ口にした。でもお互い時々敬語になって

しまってぎこちない感じだった。これもまた楽しい。

そこでも看護師である向こうの仕事についての話が中心だった。2時間くらい話したか。


駅で見送って別れた。別れ際、向こうが「また」と言った。

話しやすくて居心地はいい。でも何かピンとこない。

女性的魅力をあまり感じない。


家に着くと向こうからLINEが来た。

「今日はありがとう。いろいろ話せて楽しかった!」

脈ありっぽい。

断る理由もないので「よければまた行こ」と返事した。

すぐにOKのスタンプが返ってきた。


クリック応援ありがとうございます。
 ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

posted by ヒロアキ at 18:04| Comment(0) | デート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。